• mail79355

車検証の保管は大切です!

9月から10月にかけて「自動車点検整備推進運動」という運動が国土交通省を中心に展開されております。簡単に言い直すと、あなたの車の状態は大丈夫でしょうか?点検きちんと行われていますか?といった感じでしょうか。

 タイヤの状態やオイル・バッテリーの状態といった、自動車本体の状態はディーラー等でチェックしてもらうと思われますが、意外と見落としやすいところとして、「車検証の保管」が挙げられます。


 普段あまり触れる機会がなく、走行している時には気にならないことから、つい見落としやすいのではないかと思われます。車検証の不携帯や紛失の状態で、公道を走行して違反が見つかった場合、最大50万円の罰金が課せられてしまいます。

 陸運支局の相談員を務めた際も、車検証を紛失がないといった相談を受けることも少なくはなかったため、一度確認しておくことをおススメします。

 万が一、車検証がないといった場合でも以下の書類があれば再交付は可能なので、落ち着いて対応しましょう。

①申請書

②手数料納付書

③印鑑

④理由書

⑤本人確認書類(運転免許証、パスポート等)

①、②、④の書類に関しては、陸運支局で入手が可能なので、印鑑と本人確認書類を忘れずに持参しましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

どうも、国際行政書士の乾です。 ビザの仕事を専門にしていると、「外国人雇用したいんだけどどうしたらいいか分からない」というご相談をよく受けます。 そこで今回は、主な外国人雇用方法を4つご紹介いたします。 目次 求人サイトを利用する フリーペーパーを利用する ハローワークを利用する 人材派遣・人材紹介会社を利用する 求人サイトを利用する 基本的に外国人の雇用も日本人の雇用も、求人サイトを利用すること