スタートアップ会社

企業内転勤

海外事業所からの転勤者のための在留資格

こちらは弊社で最も人気の高いサービスの一つです。こちらのサービスは、弊社の多くのお客様に大きく貢献しており、非常に優れた品質でご提供しています。こちらのサービスは、すべてのプロセスがシンプルで、円滑かつ計画的に行われることを保証いたします。許認可サポート.comにご用命いただく際には、安心してサービスをお任せいただけます。

詳細はこちら
 

企業内転勤とは?

現在の社会では、企業の活動が日本国内以外の海外での事業展開をすることが珍しくなくなってきました。

​国際的な展開を図る企業が人事異動などにより、外国にある事業所から日本国内にある事業所に専門技術者などを受け入れるための在留資格、それが「企業内転勤」です。

このケースでは様々な形を想定することができます。

​海外の関連会社から日本に出向してくる場合、海外本社から日本支社に転勤してくる場合などが主な転勤でしょう。

 

企業内転勤はどんな場合に求められるビザなのでしょうか。
以下にまとめてみました。

新規雇用よりも…

新たに外国人を雇用して業務に従事させる場合より企業にとっては海外の子会社や関連会社から外国人社員を転勤させた方が、業務に対して知識や経験もありますので、目的に沿った人材を確保することができます。また教育や社内での研修等に要する費用を抑えることができることもあり、コスト的に見ても安く抑えることができます。

海外進出も容易になる

また人件費を抑えるという意味では、日本で受注した業務を海外の子会社や関連会社に発注するというスキームも考えることができます。
この場合、海外の外国人社員を日本に出向させ、新商品やサービスの開発業務はもちろん日本人社員への指導業務などに期間を区切って従事させるという場合も企業から見たら大きな需要があると考えられます。

技人国の学歴要件を満たさない場合

ご存じのとおり「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で日本に招聘する場合、一定の水準を超える知識や経験を要求されます。
しかしながら学歴や経験が要件を満たすことはなくとも、海外にある子会社や関連会社で働く優秀な社員を日本の営業所等で働かせたいと考えることも企業の経営活動では考えられます。
その場合、1年以上の勤務経験があれば呼び寄せることができるという意味でニーズは非常に高いと考えることもできます。

海外との関係性を深める

業務提携などを通じて海外の子会社や関連会社とつながりを深めていくことは海外展開を行っていく企業にとっては大きな意味を持ちます。
そのために海外の子会社等から外国人を招へいすることは大きなメリットを生み出します。

 
まずはお問い合わせください。.jpg